2017.09.06

9月20日(水)無料セミナー第83弾 「人工知能を既存店活性化現場に生かす」[終了しました]


Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

-AIを活用して既存施設の活性化事例研究-

施設オープン以来売上減少に苦しんでいた商業施設がいかにV字回復したか?を事例に、“人工知能(AI)”の活用による既存施設の活性化施策を学びます。

オープン以来テナントの減少に悩んでいた商業施設が、オーナーチェンジに伴いリニューアル計画に合わせてデータ駆動型のマーケティングを実施。

中でも商圏、顧客分析にAI技術を応用し、商圏構造特性の把握、既存顧客、潜在顧客のセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングからテナント戦略の見直しを実行。

その結果に基づきリーシング、施設運営、販売促進策に落とし込み、業績を回復させることに成功した体験を、現場で施策にあたったゲストスピーカーをお招きしてお話をうかがいます。

人工知能が得意とする「教師なし、需要発見」によるマーケティング分析の結果を現場の各種施策にどのように反映させたか?

データ駆動型マーケティングによって商業施設運営の活性化を実現するためのヒントを探ります。質疑応答の時間を設けて自由な雰囲気で既存店活性化問題とAI技術について学びます。

対象者

SCデベロッパー、リーシング部門、運営会社、投資会社、企画部門、店舗開発部門など

セミナーコンテンツ

【第1部】14:30~15:00
AI技術で理解する消費者のライフスタイル
講師 酒井 嘉昭 (代表取締役)
・ ライフスタイルを理解するためにAIができること
・ “人工知能”の得意分野 - 「予測」と「需要発見」-

【第2部】15:10~16:30
継続的な施設価値向上のためのデータ駆動型マーケティング
講師 都内商業施設運営責任者
・立地特性をテナント戦略に反映させる
・テナントリレーションと顧客ターゲティング
・テナント戦略を各種戦術に反映させるには

———————————————————————

日時 2017年9月20日(水) 14:30-16:30 (14:15受付開始)

場所 渋谷区文化総合センター大和田 2階 学習室1
渋谷区桜丘町23-21 渋谷駅西口より徒歩5分

参加費 無料 (事前登録制)

定員 30名

定員になりましたら、お申込みをお断りさせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。また、競合調査会社等参加をご遠慮いただく場合がございます。また、内容は予告なく変更される場合がありますのであらかじめご了承ください。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0